イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)とは?特徴の解説

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)のとは何か、特徴と仕組みを解説しています。チャート情報やおすすめ取引所も掲載しているので、イーサリアムクラシック(Ethereum Classic/ETC)投資の参考にして下さい。

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックのチャート情報

ビットコイン(bitcoin)情報
通貨 ETC
ローンチ 2016年7月
発行上限枚数 なし
取り扱い国内取引所 bitFlyer
DMM Bitcoin など
取り扱い海外取引所 Binance など

イーサリアムクラシックとは

イーサリアムクラシック

イーサリアムクラシックとは「イーサリアム」というプロジェクトの中から生まれたものです。

まず前提の知識として、「イーサリアム」とは仮想通貨そのもののことを指すわけではありません。ブロックチェーン技術を誰でも使えるようにするためのプラットホームであり、そこで作られた仮想通貨がETH(通称イーサリアム)です。

ですから、ETC(イーサリアムクラシック)も「イーサリアム」というプラットホーム上の仮想通貨という点でETHと同じだといえます。

DAO事件によるETH不正流出

2018y03m06d_191217396

ETCが生まれるきっかけとなったのが、「DAO事件」と呼ばれるETHの不正流出事件でした。

イーサリアムプラットフォーム上で開発されたプロジェクト「The DAO」というシステムに欠陥があり、それを利用したハッキングが行われたのです。

当時の相場でおよそ50億円相当のETHが盗まれることになりました。この不正流出への対応で、意見の相違が生まれたことが、ETC誕生につながったのです。

イーサリアム自体の欠陥ではない

DAO事件が起こったのは、「イーサリアム」プラットホームや仮想通貨自体の欠陥が原因ではないという点です。

「The DAO」というプロジェクトにおいて、コイン送受信のシステムにバグが存在したというのが問題の本質でした。

ですから、「DAO事件」があったからといって、イーサリアム自体の信頼性が失われることはなかったのです。ただ、当時としては誤解も多かったため世間を混乱させる要因となったといえます。

イーサリアムクラシックの特徴

「中央集権的」か「非中央集権的」か

中央集権

不正流出したETHについてイーサリアム開発チームが考えた対策は、「ETHを事件前の状態に戻す」というハードフォークを伴う仕様変更でした。取引そのものがなかったことになるため、盗まれたETHは使用不可能とする方法です。

ETHの参加者たちの多くは、この案に賛同しました。ところが一部では、この対策について「中央集権的である」として反発した人々もいたのです。

流出したETHを凍結することで問題に対応しようとした人々によって分裂に至ったのが、ETCが生まれるきっかけでした。

非中央集権であることが仮想通貨の特徴

ビットコインから始まる仮想通貨において、「非中央集権的である」というのは非常に大きなポイントです。

政府や銀行などによって管理されるのではなく、通貨の価値を民主主義的に決定するという理念が非中央集権です。

「イーサリアム」もまた、そうした理想を目指して開発が進められてきました。この点において、ETCを支持した人々はハードフォーク案を受け入れることができなかったのです。

イーサリアムクラシックの仕組み

機能的にはイーサリアムと変わらない

考えの違いで生まれたETCですが、基本的な機能についてはETHと変わりません。不正流出したコインへの対応が違うだけですから当然といえば当然です。

ETHの特徴である「スマートコントラクト」機能についても、ETCはしっかりと備えています。機能面だけを見るのなら、ETCとETHを区別するものはないといっていいでしょう。

イーサリアム(Ethereum)の特徴と将来性を解説

市場価格は大きく異なる

しかし、市場での価格を見ると2018年2月現在ではETCはETHのおよそ30分の1になっています。原因はさまざまありますが、最も大きいのはマイナーの少なさでしょう。

ハードフォークが行われるにあたり、「凍結案」を選択したETHへの賛同者が圧倒的に多かったのです。結果的にマイナーの数で圧倒的な差が生まれ、それが現在の価格差に反映されているのでしょう。

支持者の理念に違いがある

ETCとETHを比較したときの差として、「支持者の理念の違い」があげられるでしょう。DAO事件への対応において、ETCを生み出した人々は「中央集権的な介入は拒否する」という態度を明確にしました。

ここにあるのは1つの原理「Code of Low(コード・オブ・ロー)」という理念です。この原理を要約すれば、「ブロックチェーンに記されたコードこそが正しく、誰であっても書き換えることは許されない」という考え方です。

この点で、一度記されたコードを「なかったこと」にしようとしたETH支持者とは相容れなかったのでしょう。ETH以上に分散型仮想通貨の未来を追い求めているのがETCであることは理解しておきましょう。

将来的には価値が追いつく可能性も

ETHと大きな市場価格差があるETCですが、この2つは機能的にほぼ変わらない通貨ですから、価格が近づく可能性も十分にあります。

またハードフォークが行われた際、ETHを所持していた人には同量のETCが付与されました。そのためETCは誕生当時から、流通量や保有者がとても多かったのです。

そのおかげで、比較的早い段階で大手取引所が取引対象にしました。これはETCに対する市場の期待があったことの表れだったともいえます。

イーサリアムはまだ開発途中

「イーサリアム」というプラットフォームはまだ開発途中です。今後ETHに新しい問題が見つかるかもしれません。

仮に新しい問題が発見された場合においても、ETCという機能的に同一の仮想通貨があるというのは決して悪いことではないでしょう。

今後の成長を期待しつつ、ETCの動向を見守るのもよいかもしれません。

おすすめ取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤー ・取引量国内No.1
・ユーザー数国内No.1
・資本金国内No.1
・セキュリティが高い
ビットフライヤーの登録はこちら
DMM Bitcoin
DMM Bitcoin ・大手DMMが運営
・各種手数料無料
・レバレッジ取引が可能
DMM Bitcoinの登録はこちら
バイナンス(Bainance)【海外】
バイナンストップ2 ・取り扱い銘柄が豊富
・ハードフォークに対応
・取引手数料が安い
バイナンスの登録はこちら

安全性、信頼性の観点でビットフライヤーをおすすめします。しかしビットフライヤーはイーサリアムを販売所形式で取り扱っているため、取引所相手の購入となり割高です。

ユーザー間同士で取引する板取引で購入をしたい場合はDMM Bitcoinを選択しましょう。

またDMMだとレバレッジ取引しか出来ないので抵抗があるという方はバイナンスでの取引をおすすめします。

※DMM Bitcoinの取引はレバレッジ5倍固定

イーサリアムクラシックのおすすめ取引所はこちら

関連記事

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)とは?

関連記事
ビットコインは法定通貨の代わりになることは無い
ビットコインの時価総額ランキングがわかる4サイト
ビットコインはバブルなのか
ビットコインは積立投資をオススメする理由
仮想通貨の大暴落(下落)も長期で見たら些細な出来事
仮想通貨のインサイダー取引は犯罪なのか?

仮想通貨情報

仮想通貨情報

仮想通貨の種類一覧はこちら

関連記事
仮想通貨の始め方
仮想通貨へ投資するのが株より良いと思う5つの理由
ブロックチェーン技術の応用で変わる未来
ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解
仮想通貨はBTCとプラットフォーム型に絞られていく
仮想通貨投資のリスクと対処法
ビットコインはもう遅い!おすすめの仮想通貨ベスト3
仮想通貨は今からでも儲かる!人気のコインに分散投資
ICOの仕組みと投資家・企業のメリットとは
COMSAを利用する企業のメリットとは
安全で覚えやすい強力なパスワードを作る方法
イーサリアム(Ethereum)の特徴と将来性を解説
日本初の仮想通貨モナコインの特徴

ネム(NEM・XEM)

NEM

ネム(NEM・XEM)とは?

関連記事
NEM(ネム)に実装されるカタパルトの詳細
NEM(ネム)マルチシグ設定方法と落とし穴
次世代の仮想通貨ネム(NEM/XEM)の概要と購入方法
ネムコインの特徴と購入方法【初心者ガイドの解説】
仮想通貨ネム(NEM/XEM)特徴と将来性
NEMはバグが少ない!セキュリティ監査レポート
NEMのネームスペースとモザイクでトークンを作る
【NEM】ナノウォレットでXEMを送金する方法
【NEM】ナノウォレット作成とハーベストの設定方法
NEM(ネム)アポスティーユの仕組みと使い方

取引所情報

取引所の詳細と口座登録
ビットフライヤービットフライヤー(bitflyer) GMOコインGMOコイン
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
Zaifザイフ(zaif) バイナンストップ2バイナンス(binance)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
DMMDMM Bitcoin
(DMMビットコイン)
ビットトレードBitTrade
(ビットトレード)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
ビットバンクbitbank
(ビットバンク)
コインチェックcoincheck
(コインチェック)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録

※コインチェックは現在新規登録を停止しています

※本記事の意見や予測は、投稿者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨するものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー