まだ一発逆転できる!? 仮想通貨芸人・梅木「消費者金融で借りて60万円ぶち込みました」

芸能界における仮想通貨ブーム火付け役ハニートラップ梅木氏が、自身の投資経験や仮想通貨に対するビジョンを語ったニュースを紹介しています。仮想通貨ブームはどのように芸能界に広がったのか、インタビューをご覧ください。
記事出典元:日刊SPA!

ハニートラップ 梅田

※画像出典元:日刊SPA!

芸能界仮想通貨ブームの先駆者

ダウンタウンの松本人志も購入を番組で明かすなど、芸能界にまではびこる仮想通貨ブーム。先駆者の一人と目されるのが、お笑いコンビ「ハニートラップ」の梅木一仁氏だ。

ガリガリガリクソンとの投資

「もともと、数年前から先輩芸人・ガリガリガリクソンさんと一緒に株投資をしていたんですよ。初心者がカモになりやすい“はめ込み被害”に遭うなど、2人で600万円近くの大損失。けど、失敗を糧に“本物の投資家”を見極めることができ、彼らに勧められたのがアルトコインでした」

リップルとネムで儲かる

去年4月、当時一枚6円程度だったリップルとネムを合計15万円分ほど購入。瞬く間に資産は10倍に爆上がりした。

「ガリさんも僕も『仮想通貨は儲かる!』と先輩・後輩に話したんです。そこから、たむらけんじさんも始めて、今のように芸能界に広まったんだと思います」

情報収集に余念がない

芸能界に起こる仮想通貨ブームの火つけ役、と言える梅木氏だが、昨今は情報収集に余念がない。

「僕らはこれまでネットに転がっている無料情報や、怪しいセミナーを鵜呑みにしていたから損していた。本来、儲け話はそんな簡単に教えるわけがないんです。仮想通貨という実体がないものだからこそ、足を使って“本物”の情報を仕入れる必要がある」

3億6000万円の見込みあり?

そんな梅木氏が確信を持って保有するのはエイダとモニーサ各60万円分。さらにICOにも投資している。

「人工知能(AI)の関連銘柄である『Neuromation』が最低600倍になると聞いて、消費者金融でカネを借りて60万円ぶち込みました。単純計算で来年ぐらいには最低でも3億6000万円。税金が今から心配です(笑)」

 ご機嫌な皮算用に思わず笑みがこぼれる仮想通貨芸人・梅木氏の行く末や、いかに。

ニュース一覧はこちら

※本記事の意見や予測は、投稿者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨するものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー