仮想通貨のセキュリティ対策【自身で行う対策方法】

仮想通貨のセキュリティ対策を自分で行える範囲のものを紹介しています。二段階認証やコールドウォレット、仮想通貨詐欺についても掲載。仮想通貨のセキュリティ対策について調べる際の参考にしてください。

仮想通貨 セキュリティ対策

仮想通貨にはリスクがつきもの

仮想通貨 リスキー

ビットコインを筆頭とする仮想通貨は、新技術ブロックチェーンを利用しており、次世代の通貨として期待されています。実際、2017年はほとんどの仮想通貨が価格上昇し 、取引に参入した人も多い年でした。

一方で、ネット上の通貨ゆえのリスクもいくつか存在します。大きく分けて「ハッキングリスク」と「紛失リスク」です。

ハッキングリスク

ハッキングリスクとは、何者かによって通貨が盗難される恐れがあるということを意味し、現金でいえば スリや詐欺がこれに当たります。

紛失リスク

紛失リスクとは、自分の過失による送金ミスなどで資産を紛失してしまったり、価格の急暴落によって資産が減ってしまったりすることをいいます 。こうしたリスクから自分の資産を守るためには、自己管理をすることが肝心になります。

二段階認証は確実に

二段階認証

二段階認証とは、ログイン時などに二段階の認証を必要とするセキュリティで、仮想通貨の取引をするうえでは必須といえます 。

グーグルが提供しているアプリGoogle Authenticatorなどのスマートフォンのアプリを使用して設定が可能ですが、この二段階認証をしていないことでハッキングの被害にあった人も少なくありません。

仮想通貨取引所を使う場合には、必ず二段階認証を設定しておくようにしましょう。また、複数端末でQRコードを保存しておくなど、二段階認証のバックアップも取っておくと安全です。

無料Wi-Fiにはつながない

仮想通貨の取引をする際に気をつけたいのが、無料Wi-Fiです。公衆施設などの無料Wi-Fiはハッキングリスクが高まるため、外出先での取引は控えましょう。

特に、鍵の設定がされていない フリーWi-Fiは非常にリスキーで、パソコンやスマートフォンなどの情報が簡単に盗み見られてしまう可能性があります。セキュリティを万全にしたいのであれば、無料Wi-Fiは使わないことをおすすめします。

同様の理由で、公共のパソコンなども利用するべきではないでしょう。スマートフォンの場合は端末自体が盗まれた際のことも考え、ブラウザにパスワードを保存したりメモツールなどにパスワードを保存したりすることは避けましょう。

パスワードの使いまわしはNG

弱点

仮想通貨取引所やウォレットなどで使うパスワードは、他のパスワードと同一のものを使わないほうが無難 です。

たとえば、 クレジットカードのパスワードと同じものを使いまわした場合、クレジットカードを盗難されたときに仮想通貨も盗難されるリスクが高まります。お金にかかわるパスワードは仮想通貨に限らず、使いまわさずにセキュリティを高めましょう。また、パスワードはなるべく複雑にすることが大切です。

取引所に預けっぱなしは危険

仮想通貨は取引所で売買しますが、そのまま預けておくことはセキュリティ面で疑問が残ります。実際、2018年1月には国内大手の取引所コインチェックで、約580億円ものネムがハッキングされるという事件が発生しました。

取引所はセキュリティに力を割いているとはいえ、大量の仮想通貨を保有していることもあってハッカーに狙われやすいともいわれています 。

すぐに売買しない通貨に関しては、できるだけ自分のウォレットに移すなどしてリスクを減らしておくほうが良い でしょう。また、仮想通貨やウォレットを分けるなどリスク分散をしておくことも大切です。

身近な対策はコールドウォレット

コールドウォレット ハードウェアウォレット

個人でセキュリティ対策を行ううえで 、最も身近なのはコールドウォレットです。コールドウォレットとは、ネット上に預けずにオフライン下で保管しておく方法です。オフライン下なのでハッキングリスクを抑えることができ、安全に保管しておくことが可能です。

コールドウォレットで代表的なのは、USBのような小型端末に保管できるハードウォレットや秘密鍵を紙に印刷して保管できるペーパーウォレットが挙げられます。コールドウォレットに預けておくことで、ハッキングリスクを最小限に抑えることができます。

仮想通貨詐欺に要注意

仮想通貨詐欺に要注意

仮想通貨のセキュリティという面では、ハッキングリスクだけでなく近寄ってくる詐欺 にも警戒する必要があります。仮想通貨ブームに乗じて、仮想通貨詐欺が流行しています。

手口はさまざまありますが 、仮想通貨に詳しくない人や高齢者向けに、仮想通貨に関する儲け話を持ち掛けてお金を集めるといった詐欺が横行しています。セミナーなどで販売されるコインや、儲け話を持ち掛けてくる人には警戒しましょう。

また、ネット上におけるフィッシング詐欺も増えてきています。フィッシング詐欺とは、取引所に似せたサイトなどを作り、そこでパスワードを抜き取る詐欺のことです。

自己管理が肝心

こうした詐欺にはセキュリティソフトを導入することで対策ができますが、安易に信用できないURLからログインすることのないようにしましょう。

仮想通貨は今後ますます便利になると予想されますが、その反面ハッキングなどのリスクがあることを念頭に置いておく必要があります。そのうえで、 自分でできるセキュリティ対策はきちんと行い、自己管理をしておくことが肝心です。

関連記事

仮想通貨情報

仮想通貨の種類一覧はこちら

関連記事
仮想通貨の始め方
仮想通貨へ投資するのが株より良いと思う5つの理由
ブロックチェーン技術の応用で変わる未来
ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解
仮想通貨はBTCとプラットフォーム型に絞られていく
仮想通貨投資のリスクと対処法
ビットコインはもう遅い!おすすめの仮想通貨ベスト3
仮想通貨は今からでも儲かる!人気のコインに分散投資
ICOの仕組みと投資家・企業のメリットとは
COMSAを利用する企業のメリットとは
安全で覚えやすい強力なパスワードを作る方法
イーサリアム(Ethereum)の特徴と将来性を解説
日本初の仮想通貨モナコインの特徴

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)とは?

関連記事
ビットコインは法定通貨の代わりになることは無い
ビットコインの時価総額ランキングがわかる4サイト
ビットコインはバブルなのか
ビットコインは積立投資をオススメする理由
仮想通貨の大暴落(下落)も長期で見たら些細な出来事
仮想通貨のインサイダー取引は犯罪なのか?

ネム(NEM・XEM)

NEM

ネム(NEM・XEM)とは?

関連記事
NEM(ネム)に実装されるカタパルトの詳細
NEM(ネム)マルチシグ設定方法と落とし穴
次世代の仮想通貨ネム(NEM/XEM)の概要と購入方法
ネムコインの特徴と購入方法【初心者ガイドの解説】
仮想通貨ネム(NEM/XEM)特徴と将来性
NEMはバグが少ない!セキュリティ監査レポート
NEMのネームスペースとモザイクでトークンを作る
【NEM】ナノウォレットでXEMを送金する方法
【NEM】ナノウォレット作成とハーベストの設定方法
NEM(ネム)アポスティーユの仕組みと使い方

取引所情報

取引所の詳細と口座登録
ビットフライヤービットフライヤー
(bitflyer)
GMOコインGMOコイン
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
Zaifザイフ(zaif) バイナンストップ2バイナンス(binance)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
DMM BitcoinDMM Bitcoin
(DMMビットコイン)
ビットトレードBitTrade
(ビットトレード)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
ビットバンクbitbank
(ビットバンク)
コインチェックcoincheck
(コインチェック)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録

※コインチェックは現在新規登録を停止しています

※本記事の意見や予測は、投稿者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨するものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー