【仮想通貨】ビットコイン(bitcoin)とは?【特徴と仕組みを解説】

ビットコイン(bitcoin)とは何か、特徴と仕組みを解説しています。チャート情報やおすすめ取引所も掲載しているので、ビットコイン(bitcoin)投資の参考にして下さい。

logotop

ビットコイン(bitcoin)のチャート情報

ビットコイン(bitcoin)情報
通貨 BTC
ローンチ 2009年1月
発行上限枚数 2100万枚
取り扱い国内取引所 bitFlyer
GMOコイン
DMM Bitcoin など
取り扱い海外取引所 Binance
poloniex
Bittrex など

ビットコイン(bitcoin)とは

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

ビットコインとは「ナカモトサトシ」により世界で一番初めに作られた仮想通貨です。インターネット上で使うことができる通貨で、「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」などと呼ばれています。

通常みなさんが使用しているお金は「法定通貨」と呼ばれ、金銭債務の弁済手段として用いることができる法的効力を有していて、各国の中央銀行が発行しています。

ビットコインなどの仮想通貨は、発行するためのプログラムに沿って自動的に発行され、国による制限はありません。

ビットコインと法定通貨の違い

法定通貨 仮想通貨
実態 紙幣や硬貨 ない(デジタル)
取引 銀行、証券会社 仮想通貨の取引所
価値 物価上昇率と連動 需要と共有で決定
信用 政府が価値を裏付け 政府が介入しないため低い

大きく異なるのは、実物があるかないかです。法定通貨にはお札や硬貨がありますが、仮想通貨にはお札も硬貨もありません。

通貨自体の信用性は、国が介入している分法定通貨の方が高いという声が一般的です。しかしながら、非中央集権というメリットがあり、特定の国が不安定な状況になっても値崩れするリスクが限りなく小さいのも仮想通貨の特徴です。

暗号やデジタルの通貨と呼ばれる所以は、データをやりとりするといったイメージからついています。インターネットさえあれば、仮想通貨は国境も関係なく世界のどこにいても使うことができます。

価値が急上昇

2016年には「1BTC=5万円程度」だったビットコインですが、「中国政府の取引所に対する規制問題」や「スケーラビリティの問題」などで乱高下を繰り返しながらも、現在では「1BTC=120万~130万」という驚異的な価値が付いています。

ビットコイン(bitcoin)の特徴

ブロックチェーン イメージ

非中央集権

法定通貨(日本円など)とビットコインの大きな違いは「発行主体の有無」です。

ビットコインは、発行主体が存在せずプログラムに従って自動的に発行されていくので、発行量や通貨価値を政府や中央銀行によって左右されることはありません。

ビットコインは国際的に需要のある通貨なので、自国の通貨危機にもっとも強いのがビットコインなのです。

第三者を介さないP2P送金

国際送金では国際銀行間決済ネットワーク(SWIFT)を通じさらに複数の銀行を介す必要があります。それに対してビットコインは「メールを送る」ような感覚で相手のアドレスへ送金ができるため、手数料もほとんどかかりません。

通常3000円の手数料と2週間かけて送金する国際送金が、ビットコインなら手数料は数百円で済み、10分で相手に届くのです。

このように銀行を介す必要も無いので、預金封鎖は起こりませんし、留学中の学生がトラブルに巻き込まれた際などにも瞬時に送金する事ができるのが、ビットコインの最大の強みだと言えるでしょう。

ビットコイン(bitcoin)の仕組み

ブロックチェーン技術

仮想通貨は「ブロックチェーン」と呼ばれる技術が採用されています。

ビットコインの生みの親ナカモトサトシが2008年10月31日に論文として発表したものですが、「消せない、改ざんできない、盗めない、そして、誰にも止められない」という、画期的な技術です。

ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持ち、理論上では一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできないというデジタル界のイノベーション技術です。

ビットコインは安全資産として考えられている

ギリシャの金融危機にギリシャの人々は預金の引き出し制限がかかり、自国の通貨を引き出せなくなりました。

そんな中、BTCのATMだけは通貨を引き出すことができたのです。ビットコインへ資産を移していた投資家のみ生活難を逃れられたというニュースが世界中で流れました。

その影響でビットコインの価格は大きく上昇し、各地にビットコインのATMが作られるなど、普及が加速していったのです。

マイニングで発行されるビットコイン

マイニング

ビットコインは「マイニング」と呼ばれる作業で、成果をあげたユーザーに対し成果報酬としてビットコインが発行される仕組みがあります。

マイニングとは、ブロックに格納されたビットコインの取引履歴の正当性を確認する作業のことです。正当性を確認するためには膨大な量の計算を行う必要があります。1つのブロックについて最初に計算を終えて正解を見つけた人に対して12.5BTC(2018年2月時点)が付与されます。

ビットコインで支払いを行ったり売買したりする人とその履歴を検証して報酬をもらう人で成り立っているのがビットコインシステムだといえます。

ビットコインの価格はどこまで上がるの?

これが正確にわかる人は存在しません。

100%上ると断言する人は詐欺の可能性もあるので注意しましょう。しかし、ビットコインは世界中多くの人から期待されていますので、その一部を紹介します。

BitGoの「Jameson Lopp」氏

Jameson Lopp氏の発言

BitGoのソフトウェア・エンジニアであるJameson Lopp氏は、過去の価格推移から計算し毎日0.42%の平均レートで増加すると考えるなら、2020年までに250,000USD/BTC (2750万円/BTC)程度まで価値が上がると語っています。

ビジネスインサイダー「Henry Blodget」氏

https://www.cryptocoinsnews.com/bitcoin-hit-1-million-thanks-ransomware-says-cnbcs-jim-cramer/

ビジネスインサイダー社CEO「Henry Blodget氏」ビットコインの価値は100万ドル(1億円)まで上がるという発言をしています。私も「2020年くらいまでには1000万くらいにはなってるだろうなぁ」と思っています。

なぜ、ビットコインはここまで注目されるのでしょうか。

ビットコイン投資のメリット

ビットコインは2100万枚と枚数制限があり、新しく発行されるなど増える事はありません。発行される枚数に限りがあることから「金」と同様に例えられることがあります。

しかし、私は「金」以上だと思っています。その理由は、様々な投資資産は現金化しなければ使うことができませんが、ビットコインは各地にATMがあり、法定通貨にかえることができます。

日本でも決済導入店舗増加

日本でもビックカメラを初めとした大手企業がビットコイン決済を導入しています。ビットコインなどの仮想通貨は、この流動性が最強のメリットだと思っています。

小国の通貨に匹敵するほどの規模まで成長してしまったビットコインは、すでに誰にも止めることはできません。

全世界に7000以上あるノードを同時に破壊する事は不可能ですし、インターネットが繋がれば使用できるわけですから止められるわけがないのです。

おすすめの取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤー ・取引量国内No.1
・ユーザー数国内No.1
・資本金国内No.1
・セキュリティが高い
ビットフライヤーの登録はこちら
GMOコイン
ザイフ ・コイン積立機能
・スプレットが狭い
・取引手数料がマイナス
GMOコインの登録はこちら
GMOコイン
GMOコイン ・大手金融サービスが経営
・最大25倍のレバレッジ
・入出金手数料無料
GMOコインの登録はこちら

安全性、信頼性の観点ではビットフライヤーをおすすめします。

また積立投資をしたい場合はザイフ、最大レバレッジで取引をしたい場合はGMOコインと目的別に取引所を選びましょう。

ビットコインのおすすめ取引所はこちら

関連記事

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)とは?

関連記事
ビットコインは法定通貨の代わりになることは無い
ビットコインの時価総額ランキングがわかる4サイト
ビットコインはバブルなのか
ビットコインは積立投資をオススメする理由
仮想通貨の大暴落(下落)も長期で見たら些細な出来事
仮想通貨のインサイダー取引は犯罪なのか?

仮想通貨情報

仮想通貨情報

仮想通貨の種類一覧はこちら

関連記事
仮想通貨の始め方
仮想通貨へ投資するのが株より良いと思う5つの理由
ブロックチェーン技術の応用で変わる未来
ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解
仮想通貨はBTCとプラットフォーム型に絞られていく
仮想通貨投資のリスクと対処法
ビットコインはもう遅い!おすすめの仮想通貨ベスト3
仮想通貨は今からでも儲かる!人気のコインに分散投資
ICOの仕組みと投資家・企業のメリットとは
COMSAを利用する企業のメリットとは
安全で覚えやすい強力なパスワードを作る方法
イーサリアム(Ethereum)の特徴と将来性を解説
日本初の仮想通貨モナコインの特徴

ネム(NEM・XEM)

NEM

ネム(NEM・XEM)とは?

関連記事
NEM(ネム)に実装されるカタパルトの詳細
NEM(ネム)マルチシグ設定方法と落とし穴
次世代の仮想通貨ネム(NEM/XEM)の概要と購入方法
ネムコインの特徴と購入方法【初心者ガイドの解説】
仮想通貨ネム(NEM/XEM)特徴と将来性
NEMはバグが少ない!セキュリティ監査レポート
NEMのネームスペースとモザイクでトークンを作る
【NEM】ナノウォレットでXEMを送金する方法
【NEM】ナノウォレット作成とハーベストの設定方法
NEM(ネム)アポスティーユの仕組みと使い方

取引所情報

取引所の詳細と口座登録
ビットフライヤービットフライヤー(bitflyer) GMOコインGMOコイン
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
Zaifザイフ(zaif) バイナンストップ2バイナンス(binance)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
DMMDMM Bitcoin
(DMMビットコイン)
ビットトレードBitTrade
(ビットトレード)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
ビットバンクbitbank
(ビットバンク)
コインチェックcoincheck
(コインチェック)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録

※コインチェックは現在新規登録を停止しています

※本記事の意見や予測は、投稿者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨するものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー