【仮想通貨】リスク(LISK)とは?【特徴と仕組みを解説】

仮想通貨リスク(LISK)のとは何か、特徴と仕組みを解説しています。チャート情報やおすすめ取引所も掲載しているので、リスク(LISK)投資の参考にして下さい。

LISK

リスク(LISK)のチャート情報

LISK(リスク)情報
通貨 LSK
ローンチ 2016年5月24日
公式サイト 公式サイトはこちら
公式Twitter 公式Twitterはこちら
発行上限枚数 なし
取り扱い国内取引所 bitFlyer
coincheck
取り扱い海外取引所 poloniex
Bittrex など

リスク(LISK)とは

d04

リスク(LISK)は、2016年5月24日にローンチされ、現在は国内取引所でも取扱されている人気の高い仮想通貨です。

イーサリアムと同じスマートコントラクトを採用しており、分散型アプリケーションプラットフォームとして開発されました。

リスク(LISK)の特徴

リスク(LISK)の特徴は「サイドチェーン」にあります。

イーサリアムと同じスマートコントラクトを採用したプラットフォーム型の仮想通貨ですが、サイドチェーンを使いブロックチェーンを別軸でもう一つ作成することが出来ます。

サイドチェーンにより作成されたブロックチェーンは、セキュリティの強化やブロックの承認速度に活かされ、メインのブロックチェーンに影響を与えることなく、問題を修正してくれます。

リスク(LISK)の仕組み

・スマートコントラクト
・言語にJavascriptが採用されている
・サイドチェーンが利用されている

スマートコントラクト

スマートコントラクトは、「賢い契約」という意味をもち、イーサリアム(ETH)で利用されたことで仮想通貨界では有名な言葉になりました。

「予め定めた条件が満たされた時に、自動的に処理を実行する」ことであり、例えば自動販売機で「120円を入れて押されたボタンの商品を排出する」この契約の流れがスマートコントラクトです。

これを、ブロックチェーンに搭載したのがイーサリアムであり、Liskです。

スマートコントラクトの実例

そもそも、ブロックチェーンには「データが盗まれない」「システムが書き換えられない」「中央的な仲介なく当事者同士で繋がれる」「コストがかからない」といった特徴があります。

例えば、ネットショッピングで【Aさん→Bさん】へ商品を売る場合、BさんはAさんに代金を支払います。しかし、代金を支払っても商品が届く保証もありませんし、先に商品を届けてもお金を支払ってもらえる保証はありません。

ここで登場するのがスマートコントラクトです。同じように、ネットションピングで「支払いと同時に商品を発送する」と条件を決めておけば、自動的に発送が完了します。

これをチェーン上で行えば、改ざんはほぼ不可能であるため相手を信頼せずとも安心して取引が可能になります。

つまり、現在では楽天、アマゾンなどの第三者を通して商品を購入していましたが、ユーザーが個人間で気楽に取引ができるようになるのです。

規制があっても生き残りの可能性が高い

ビットコインは法定通貨(円やドルなど)と用途が被る為、国の規制を心配する声があります。

しかしイーサリアムにはスマートコントラクトという決済以外の需要もあるため、国からの規制対象にもなりにくい通貨とも言えます。

スマートコントラクトの需要は金融業界を始め、不動産業界、公共機関に至るまで、様々な業界からの需要があります。

通貨や債権、金融資産の取引を、分散データベースで記録できれば、コストのかかる大きなサーバーを構築する必要はありません。これにより、銀行業界だけでも、年間200億ドルは削減できると言われています。

これが「スマートコントラクト」の強みであり、この技術そのものにも大きな価値があります。

言語にJavascriptを採用

Liskに採用されているプログラミング言語は、「Javascript」であり、エンジニアリングに詳しくない方でも一度は聞いたことがある単語だと思います。

非常にメジャーな用語であるため、多くのエンジニアが扱うことが可能であり、Liskのネットワークには多くのエンジニアが参入することが出来ます。

仮想通貨、そして根本を成す技術は、多くの人が関わればかかわるほど発展していくことは自明の理ですし、この点もLiskの今後の発展の基礎ポイントとも言えます。

サイドチェーンが利用されている

Lisk最大の特徴ともいえるのが「サイドチェーン」です。

ビットコインを通して仮想通貨で有名になった言葉に「ブロックチェーン」があがりますが、それとは別に「サイドチェーン」と呼ばれる他のチェーンをLiskは実装しています。

イメージとしては、メインチェーンに基盤となる情報を保存しておき、サイドチェーンにはいろいろな機能実装や情報装備ができる。

そうすることで、万が一トラブルがあった際には本体ではなくサイドを付け替えたり、捨てたりすることが可能です。また、サイドチェーンがあることでメインチェーンへの負担も減らせています。

ビットコインはブロックを形成するのに数分の時間を要しますが、Liskは約10秒...ハイスピードでの送金が出来るのには、このサイドチェーン技術を採用しているという理由があるからなんです。

おすすめ取引所

ビットフライヤー(bitFlyer)
ビットフライヤー ・取引量国内No.1
・ユーザー数国内No.1
・資本金国内No.1
・セキュリティが高い
ビットフライヤーの登録はこちら
バイナンス(Bainance)【海外】
バイナンストップ2 ・取り扱い銘柄が豊富
・ハードフォークに対応
・取引手数料が安い
バイナンスの登録はこちら

ビットフライヤーはLISKを販売所形式で取り扱っているため、取引所相手の購入となります。

ユーザー間同士で取引する板取引より割高なので、板取引をしたい場合はバイナンスを選択しましょう。

LISKのおすすめ取引所はこちら

関連記事

ビットフライヤー
ビットフライヤー メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
GMOコイン
GMOコイン メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
ザイフ
ザイフ メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
DMMビットコイン
DMMビットコイン メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
ビットバンク
download メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
ビットトレード
ビットトレード メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
コインチェック
コインチェック メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料
バイナンス
バイナンス メリットとデメリット 開設と登録方法
入出金と購入方法 手数料

仮想通貨取引所の一覧はこちら

取引所情報

取引所の詳細と口座登録
ビットフライヤービットフライヤー(bitflyer) GMOコインGMOコイン
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
Zaifザイフ(zaif) バイナンストップ2バイナンス(binance)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
DMM BitcoinDMM Bitcoin
(DMMビットコイン)
ビットトレードBitTrade
(ビットトレード)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
ビットバンクbitbank
(ビットバンク)
コインチェックcoincheck
(コインチェック)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録

※コインチェックは現在新規登録を停止しています

※本記事の意見や予測は、投稿者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨するものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー