リップル(Ripple/XRP)とは?特徴の解説

 リップル(Ripple/XRP)とは、どのような仮想通貨なのか、特徴の解説を紹介しています。誕生の経緯や送金システムについても記載しているので、リップル(Ripple/XRP)の特徴を調べる際の参考にしてください。

ripple

リップルは創業者が存在する

リップルのオフィス

リップル(XRP)とは2004年にカナダのウェブ開発者によって開発された仮想通貨で、米国サンフランシスコに本社があります。ビットコインが特定の国や企業に属さないことを踏まえると大きな違いです。

リップルは支払いシステムでもあることから、リップル内の仮想通貨XRPを使って他の通貨と直接取引できる点が他の仮想通貨と異なります。

東京三菱UFJ銀行が利用を表明

最近ではGoogleが出資したことでも知られていますが、日本でリップルが知られるようになったのは、2017年3月に東京三菱UFJ銀行がリップルを活用したネットワークの利用を表明したときからです。

東京三菱UFJ銀行は、国内で1位、世界でも3位の規模を持つ銀行です。それ以降、リップルの価格は6倍ほど値上がりをしました。

既存の送金システムを変える

XRP

リップルの特徴は、従来の銀行間取引を圧倒的に速く、そして安くできることです。リップルは、従来の送金方法と比べるとコストを10分の1にまで削減できるとされています。

既存通貨を使った、通常の銀行間取引では国際送金には3日から5日かかります。手数料は為替レートに左右され、レートは銀行が決定します。手数料コストは年間160兆円規模になるともいわれています。

それでも送金に失敗することもあり、その際の機会損失費用はそれを上回ることもありました。こうしたことから現金の送金には、長年の間、顧客から改善の要望が強くあったのです。

国内60以上もの銀行が参加

日本国内では2017年に東京三菱UFJ銀行が、みずほフィナンシャルグループとSBIホールディングスが共同で行っているコンソーシアムに参加しました。

このコンソーシアムには国内銀行ではメガバンク三行のほか、ゆうちょ銀行や住信SBIやソニー銀行などのネット専業銀行を含む60行以上が参加しています。

リップルのネットワークの実用化を達成した例はまだ少なく、この日本の取り組みが成功すればブロックチェーンを活用した代表的な導入事例となるでしょう。リップル本社も注目している、世界を牽引する動きといえます。

世界中で実用化に向けた動きが進む

r

リップルの送金システムを利用したネットワークの目的は、ブロックチェーンの技術を活用して従来よりも低コストで利便性の高い仕組みを作ることです。

海外では、米国のバンクオブアメリカ・メリルリンチや英国のスタンダードチャータード銀行などもリップルの送金ネットワークに参加しています。今後参加する銀行は増えていくでしょう。

規模としてはまだ序盤

既存の送金システムSWIFTネットワークの参加行は1万社以上あることをふまえると、リップルの送金ネットワークはまだ規模としては小さいものです。

しかし、国内外の大手銀行の参加が相次いだため、すでに27カ国での送金が可能となっています。こうしたことから実用性への期待感が生まれ、リップルの価格が急騰しました。

リップルはプラットフォーム

リップルは電子決済システムに特化したプラットフォームという性格を持っているので、ビットコインなど決済システムに特化した他の仮想通貨とは異なっています。

リップルの主要な目的は企業間取引の円滑化を進めるものであり、国際送金を継ぎ目なく行えるネットワークを構築し実現することなのです。

関連記事

仮想通貨情報

仮想通貨の種類一覧はこちら

関連記事
仮想通貨の始め方
仮想通貨へ投資するのが株より良いと思う5つの理由
ブロックチェーン技術の応用で変わる未来
ブロックチェーンの仕組みをわかりやすく図解
仮想通貨はBTCとプラットフォーム型に絞られていく
仮想通貨投資のリスクと対処法
ビットコインはもう遅い!おすすめの仮想通貨ベスト3
仮想通貨は今からでも儲かる!人気のコインに分散投資
ICOの仕組みと投資家・企業のメリットとは
COMSAを利用する企業のメリットとは
安全で覚えやすい強力なパスワードを作る方法
イーサリアム(Ethereum)の特徴と将来性を解説
日本初の仮想通貨モナコインの特徴

ビットコイン(Bitcoin)

ビットコインとは

ビットコイン(Bitcoin)とは?

関連記事
ビットコインは法定通貨の代わりになることは無い
ビットコインの時価総額ランキングがわかる4サイト
ビットコインはバブルなのか
ビットコインは積立投資をオススメする理由
仮想通貨の大暴落(下落)も長期で見たら些細な出来事
仮想通貨のインサイダー取引は犯罪なのか?

ネム(NEM・XEM)

NEM

ネム(NEM・XEM)とは?

関連記事
NEM(ネム)に実装されるカタパルトの詳細
NEM(ネム)マルチシグ設定方法と落とし穴
次世代の仮想通貨ネム(NEM/XEM)の概要と購入方法
ネムコインの特徴と購入方法【初心者ガイドの解説】
仮想通貨ネム(NEM/XEM)特徴と将来性
NEMはバグが少ない!セキュリティ監査レポート
NEMのネームスペースとモザイクでトークンを作る
【NEM】ナノウォレットでXEMを送金する方法
【NEM】ナノウォレット作成とハーベストの設定方法
NEM(ネム)アポスティーユの仕組みと使い方

取引所情報

取引所の詳細と口座登録
ビットフライヤービットフライヤー
(bitflyer)
GMOコインGMOコイン
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
Zaifザイフ(zaif) バイナンストップ2バイナンス(binance)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
DMM BitcoinDMM Bitcoin
(DMMビットコイン)
ビットトレードBitTrade
(ビットトレード)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録
ビットバンクbitbank
(ビットバンク)
コインチェックcoincheck
(コインチェック)
詳細情報 口座登録 詳細情報 口座登録

※コインチェックは現在新規登録を停止しています

※本記事の意見や予測は、投稿者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨するものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー