取引所と販売所の違い

仮想通貨の取引所売買と販売所売買は何が違うのかを解説しています。それぞれの特徴やメリット・デメリットを紹介していますので、取引所と販売所の違いがわからない人やどちらで取引するか迷っている人は「取引所と販売所の違い」を参考にしてください。

とりはん

大きな違いは取引相手の違い

取引所はユーザー同士で売買する

取引所は仮想通貨を保有するユーザー同士で売買をします。株式と同じく買い板と売り板が存在し、ユーザー同士売りたい値段とか痛い値段が合致すると取引が成立します。

板に出ている1番安い値段で買うことができれば、設定していた値段よりも安く済むことが可能になります。

販売所は運営会社から売買する

販売所はbitFlyerやcoincheckなどの運営会社と取引をします。運営会社から仮想通貨を買ったり売ったりする場合は、販売所での取引となります。

運営会社は一定数の仮想通貨を保有しているため、そこで売買をすることになります。

取引所の特徴とメリット・デメリット

特徴とメリット・デメリット

【特徴】
・ユーザー同士で取引を行う
・売買板を使って取引を行う
【メリット】
・安い購入・高い売却が可能
・手数料が安い
【デメリット】
・確実に売買することができない

特徴

ユーザー同士で取引を行う

取引所は、「ビットコインを買いたい人と売りたい人が注文を出して、売買価格が一致したら取引を成立させる取引所」のことです。

誰かわからない不特定多数の中の誰かからビットコインを購入するのが取引所です。

売買板を使って取引を行う

売買板

取引所では売買板を使って、仮想通貨の取引を行います。売買板でなるべく仮想通貨を安く購入することが取引所を使う最大の利点でもあります。

しかし、大量に仮想通貨を購入したい場合、売り手がすくなければ大量に買うことができないため、売買板で確認して取引を行っていく必要があります。

メリット

安い購入・高い売却が可能

仮想通貨を購入する際、買い板で売りに出ている中で1番安い価格で指値注文を出せば、仮想通貨を安い価格で購入することが可能です。

なるべく安く購入して高く売るのが、仮想通貨取引の基本であり、コツでもあります。

手数料が安い

取引所は、販売所と比べると手数料が安いです。販売所はスプレッドが存在し、それが販売所への手数料となるので、何度も取引をする場合は、取引所が圧倒的に安いです。

取引所の売買手数料はだいたい0.01%~0.15%なので、トレードを繰り返したりしていてもそこまで気になりません。利益を出していくには、手数料の安さも重要になってきます。

デメリット

確実に売買することができない

取引所での売買は、注文した人たちの売買価格が一致しなければ取引が成立しないため、販売所のように確実に売買することができません。

いつでもすぐ売買ができないという点が、取引所のデメリットになります。

販売所の特徴とメリット・デメリット

販売所売買のメリット・デメリット

【特徴】
・運営会社と取引を行う
・簡単売買で取引がすぐにできる
【メリット】
・確実に仮想通貨の売買ができる
・仮想通貨の売買が楽
【デメリット】
・手数料が高い

特徴

運営会社と取引を行う

販売所は運営会社と売買の取引を行っていきます。運営会社と売買する場合、価格の激動がないため、いつでも自分の意図した価格で取引ができるのが魅力です。

500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立するので、初心者にはわかりやすいです。

簡単売買サービスがある

簡単売買

販売所は簡単売買で取引を行うことができます。取引所とは違い、数量と金額設定でわかりやすく購入ができます。

メリット

確実に仮想通貨の売買ができる

販売所が提示する価格や1回の売買上限までであれば、確実に仮想通貨の売買が可能です。

取引所と違い、売買価格の一致という概念がないため、いつでも売買したい価格で取引ができます。

仮想通貨の売買が簡単

販売所は、数量を指定するだけで売買が可能なため、初心者でも簡単に取引が可能です。

売買の数量を指定した上で、個人との売買価格の一致があって初めて取引が成功する取引所より手間が省かれます。

デメリット

手数料が高い

売買をする際に生じる価格の差額を「スプレッド」と言い、スプレッドは販売所取引をした際の手数料となります。

販売所は基本手数料が無料と記載されていますが、スプレッドは別枠として徴収されるので、注意が必要です。

取引所と販売所どっちがいい?

基本的には取引所で売買しよう

仮想通貨を少しでも安く購入できる取引所売買がおすすめです。何度もトレードする場合、販売所では手数料がかかりすぎて利益を出しにくいです。

できれば複数の取引所を使って、なるべく安く購入して高く売るやり方が利益を出しやすいです。初心者や上級者関係なく、基本的には取引所で売買していきましょう。

価格下落時には販売所がおすすめ

基本的には取引所での売買がおすすめですが、価格が下落したときに大量購入したい場合は販売所がおすすめです。

価格下落時に取引所で購入しようとした場合、購入途中で価格が上昇して希望の量を購入し損ねる可能性がありますが、販売所では価格の変動がないのでおすすめです。

※本記事の意見や予測は、投稿者の個人的な見解であり、金融商品の売買を推奨するものではありません。投資の最終決定はご自身の判断でお願いいたします

書き込み

最新を表示する
攻略メニュー